上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
すんげえええええええ久しぶりの更新です。しかもその久しぶりの更新が新年到来の一月一日です。

いやいや、なんつうかまったく実感がわかないです。いや本当に。年末ずっとバイトしていたので、とくに日にちを考えることもなかったので。

つうわけであけましておめでとうございます。

今、ガキの使いを見てるのですが、この番組はすごいですよね。だって他のチャンネルはすべてカウントダウンしていたのに、この番組はまったくそんな素振りがなく普通に十二持過ぎてました。たぶん、時計に注意していなかったら100%新年になったのが気付かなかったと思います。
そして、毎年の恒例行事になりつつある新年になったときには自分は地球上にいなかったという、くだらない小学生が考えるようなことをやりました。

これ以上書くことが思いつかないのでこの辺で。

それでは、最後に今年もおねがいします。
2008.01.01 
まず簡単な報告です。少しだけブログリニューアルしました。といってもプラグインだけですけど。
本日は、講義の後大学の近所のバッティングセンターに友達と行きました。

これがとにかく凄いんです。なにがすごいんだって?・・それはね、ピッチングマシーンとバッターボックスの距離がちけえええええんすよ。
もう近い近い、なんせ110キロが速すぎでまったくリズムが合わない。
しかも、ソフトボールはさらに近くてますます、打てない。

でも、ここはさすが金に汚い男の自分。バッティングセンターにはホームラン賞というものがあります。そして、今日行った場所のホームラン賞は現金1000円。
かっちりとタイミングを合わせて1000円ゲット。
というわけで今日の出費0円でした。
2007.12.15 
いやー、当初の予定ではほぼ毎日更新する予定でしたが、気がついたらかなりの期間放置していたようです。

最近学祭の部室に64が導入されて、ほぼ毎日部員の方々とマリオカートとスマブラ、ゴールデンアイをプレイし続ける日々です。

やっぱり任天堂はすごいと思います。こんなに楽しくハマれるゲームを何作もある64を作ったのだから。64と言えば当時、僕の中だけかもしれないですけど、マルチッタプ(たしかこんな感じの名前だったはず)を使わずに4人プレイができるのか・・・・・時代変わったなと感動したことを覚えています。

スマブラやゴールデンアイが当時かなり流行っていましたが、やはり最高の64ソフトはカスタムロボV2だと思います。
簡単に言葉で表すとアーマードコアのデフォルメ版です。当時では自分で使うキャラをカスタマイズして自分専用にするというシステムに感動を覚えました。

確か、友達は皆、ドラゴンガン、ガトリングガン、フレイムガン、ユーザーばかりだったと思います。そして、僕は人と違うことをする変わったガキンチョだったのでバーティカルガン、ショットガンを使いまくっていました。
そんでキャラがジャベリンで瞬間移動使いながらショットガンで攻撃、そして体当たり、そしてショットガンのコンボを駆使して闘っていました。
うわ~、こう書いていると懐かしくなってきた~。
今やりたいのは山々なのですが、今我が家にはありません。昔の僕が金欲しさにうっぱらったからです。
あの時から僕は金に汚かったのだなと思っている今日この頃です。
2007.12.09 
071129_1201~01.jpg

僕は法学部に所属しており、本日は授業の一環で大阪地方裁判所に来ました。

なにをしたのかというと、裁判の傍聴です。

ただ、HEROや逆転裁判のような、検事と弁護人の言い合いはまるっきりなく、ただ淡々と書類を両者とも読み続けているだけでした。
まあそれは別にいいんですけど、その代り、かなり罪名などがリアルで現実感がありました。
例えば、監禁、薬物取締、集団強姦。かなり、鬱になるものでした。

ところで、刑事裁判しか見ていないのですが、刑事裁判はだいたい三段階に分けて行っているようです。
まず、第一段階の新件、二段階目の審理、そして最後の判決にわかれていました。

新件とは検察官が裁判官などに、いったい被告人がどのような犯罪を犯したのか、またどのような経緯で行ったのか、さらに、手口まで説明するものです。まあ大まかにいえば事件の全体をつかむためのもののようです。

審理とは、先ほどの新件の発展形で、事件をより詳しく話し合い、裁判官が判決を申すための説明会のようなものです。僕は一応新件、審理、判決を見たのですが(三つとも違う事件)、
審理はマンガをいきなり5巻から読んだようなもので、事件の説明など一切なかったので事件の内容を把握するのが難しかったです。だから、裁判を傍聴してみたいなと思う方は審理を避けたほうが良いと思います。

そして判決ですが、これは名前のとおり裁判官が被告人に判決を告げるものです。
これはかなりあっさりしていて5分ほどで終わりました。

今日の感想としては、予想以上に裁判は事務的なもので淡々としていて人間の感情がありませんでした。感情を唯一感じたのが裁判官と弁護人が次の裁判の日程を決めるときぐらいでした。これが、なんか友達同士で遊びに行く日を決めるような感じで話していたので笑けてしまいました。
2007.11.29 
気がつくと、もう十二月です。大学に入ってから時間がたつのが、以前の3倍ぐらいの速さになったと感じます。

「あ~後一か月で学園祭か」
と思っていた十月一日。

しかし、気がつくと
「あ~もう学園祭終わってから二週間か」
と思っていました。

めっちゃはやい。
このまま時間が加速していくと小学校一年の時の一時間の速さで一年が過ぎそう。
このまま、どんどん老いていくと思うと切なくなります。
2007.11.27 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。